校  訓

       
校訓の「敬 愛」は、幕末から明治初期に活躍した西郷隆盛の言葉として知られている「敬天愛人」『天を敬(うやま)い、人を愛する』からきています。



 
教育目標

○ 敬愛の精神をもって、明朗活発に行動する。 
○ 旺盛な意欲をもって、謙虚に学習する。 
○ 強固な意志をもって、心身を練磨する。



 
武道館訓

   この言葉は、「文武わかたず」あるいは「文武わかれず」と読み、出典は、江戸時代、水戸藩の藩校である弘道館創設に当たって藩主の水戸斉昭が記した「弘道館記」です。学問と武道の両方を極めることを志しとしています。



 
校  章

   輪郭の円形は大麻高校の「大」の字をデザイン化したもので、太陽の輝き・円満な人間性を表しています。 中央の模様は北海道百年記念塔で、私たちの父祖が百年の風雪に耐えて開拓した北海道の象徴としてのものです。また、天に向かって伸びてゆく若人の姿・躍進・力強さ・闘志・青春を意味しています。



 
スクールカラー

   スクールカラー(校旗の地色)は、藍(あい)染の濃い色、すなわち「濃藍色(ロイヤルブルー)」です。昔から、「出藍の誉(しゅつらんのほまれ)」という言葉として用いられている「藍」「藍色」です。その意味は、『弟子が師を超えて立派になるという意味』です。「生徒が先生を乗り越えて成長してくれるように」との願いを込めるとともに、この格調ある美しいブルーが生徒に勉学の意欲を培ってくれることを願って制定しています。 なお、藍色を『ロイヤルブルー』と呼ぶのは、イギリス王家の色としてイギリスの伝統色となっていることによります。
 
校歌
北海道大麻高等学校校歌
                  作詞 盛田昌宏
                  作曲 鈴木隆夫
                  
一、天日高く 昇りたり
  紺碧の空 雲湧きて
    白堊燿う 学び舎に
    育むこころ 敬と愛
    おお われら磨く大麻高校 
                 
二、若人朗らに 集いたり
    風と雪とに 耐えぬきて
    父祖の拓きし 百年の
    記念の塔を 仰ぎつつ
    おお われら学ぶ大麻高校 
    
三、地平遙かに 開けたり
    手稲の山なみ 遠く見て
    みどり豊けき 大麻に
    理想を目ざし 眉をあげ
    おお われら進む大麻高校 
    
 

連絡先

〒069-0847
江別市大麻ひかり町2番地
事務室
TEL(011)387-1661
職員室
TEL(011)387-2143
FAX(011)387-1662
電話・FAXのかけ間違い誤登録にご注意願います
 












インフルエンザによる感染
症の提出書類はこちらから