いじめ防止基本方針
北海道大麻高等学校における「学校いじめ防止基本方針」について
  
 本方針は人権尊重の理念に基づき、北海道大麻高等学校の生徒一人一人が安全安心かつ心身とも健やか
に充実した学校生活を送ることができるよう、「いじめ」の防止及び根絶を目的に策定するものである。 
 
1 いじめの定義と学校及び学校の教職員の責務について
 (以下、平成25年9月28日制定 いじめ防止対策推進法条文より抜粋) 
(1)いじめの定義(いじめ防止対策推進法 第2条) 
   「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定
   の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じ
   て行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているも
   のをいう。
(2)学校及び学校の教職員の責務(いじめ防止対策推進法 第8条) 
    学校及び学校の教職員は、基本理念に乗っ取り、当該学校に在籍する児童等の保護者、地域住
   民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、学校全体でいじめの防止及び早期発見に取
   り組むとともに、当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、適切かつ
   迅速にこれに対処する責務を有する。    

2 いじめに関する基本理念について
 本校では次の2点を掲げ、学校をあげて組織的に対応していく。 
(1)いじめ問題の対応は学校における最重要課題の1つであり、学校が一丸となって組織的に対応する
  ことが必要である。また、地域と連携し、保護者や関係機関の理解や支援等を得ながら、いじめから
  生徒を救うとともに、未来を担う彼らに人権尊重や尊厳の保持、生命の大切さ等を理解させ、規範意
  識・倫理観の向上を図る。 
(2)いじめは「どの生徒にも、どの学校でも起こりうる」との意識を持ち、その防止等に向けて学校の
  内外を問わず、いじめが行われなくなることを旨として毅然とした態度で取り組んでいく。また、こ
  のことは教職員の生徒観や指導の在り方が問われる問題であるため、教職員が自らの問題として切実
  に受け止め、「いじめは人間として許されない行為」という認識のもと、被害者の立場に立って指導
  を進めていく。 
  
3 いじめ対策に向けた本校の基本姿勢について 
 本校では次の3点を掲げ、迅速かつ的確に各方面と十分に連携して対応していく。 
(1)「いじめ未然防止の徹底」 
(2)「早期発見・早期解消の手だての実施」 
(3)「いじめに対する組織的な対応」 
  
4 いじめ対策のための組織の設置について  (組織図.pdf
 いじめ対策にむけては、実効性のある機動的な組織体制の確立が不可欠なため、本校では年次団・分掌
を横断して組織を編成し、「いじめ防止対策委員会」を設置する。 
 なお、その構成メンバーは次のとおりとする。 
 
   副校長、教頭、生徒指導部長、教育相談部長、各年次主任(3名)、養護教諭、 
   スクールカウンセラー   以上9名 
 
 この組織で年間計画を作成し、その取組の流れは別表にて示す。(
別表参照.pdf) 
 また、オブザーバーとして、PTA会長及びPTA生徒指導委員長の2名を招いて、適宜意見等をいただき、取組への参考とする。 
  
5 いじめ防止等にむけた具体的な対応について 
 上記3の基本姿勢で上げた3点について、具体的な対応は次のとおりとする。 
(1)「いじめ未然防止の徹底」 
  ア 授業や行事に主体的に参加できるわかる授業づくりの推進 
  イ いじめについて教職員全員による共通理解及び情報の共有     
  ウ いじめに向かわせない態度の育成に向けた講話の実施  
  エ いじめを生まないための環境要因の改善と教職員の資質向上 
  オ 生徒の自己有用感・自己肯定感の育成     
  カ 生徒自らがいじめについて主体的に学ぶ取組の推進        
(2)「早期発見・早期解消の手だての実施」 
  ア 日常的な生徒観察及び声かけ 
  イ 定期的なアンケート調査及び生徒との面談の実施 
  ウ 家庭と連携したいじめについての情報共有         
  エ 教育相談体制の充実とその機能整備                     
(3)「いじめに対する組織的な対応」 
  ア いじめ発見及び通報等の情報を受けたときの初期対応 
  イ 被害生徒及び保護者への支援 
  ウ 加害生徒への指導及び保護者への助言 
  エ いじめが起きた集団への働きかけ 
  オ ネット上でのいじめ被害への対応 
  
6 保護者との連携について
(1)未然防止に向けた日常的な情報交換 
(2)いじめが確認された場合の事実関係の情報提供及びそれに関わる支援・助言 
  
7 地域や関係機関との連携について
(1)HPを活用し、保護者や地域に対していじめの取組に関する情報発信 
(2)ネット利用及び生命尊重等を演題にした外部講師を活用した講話の実施 
(3)犯罪行為や生徒の身体・生命に被害が及ぶ際の警察並びに教育委員会との連携 
  
8 その他留意事項について
(1)生徒と向き合う時間の確保にむけた校務の効率化 
(2)教職員の資質向上に向けた校内外研修の充実・促進 
(3)学校評価や教職員評価の活用  
 
 
【 いじめ対策 】

  いじめ事案発生における組織対応.pdf

  いじめ重大事案における組織対応.pdf

 

連絡先

〒069-0847
江別市大麻ひかり町2番地
事務室
TEL(011)387-1661
職員室
TEL(011)387-2143
FAX(011)387-1662
電話・FAXのかけ間違い誤登録にご注意願います
 












インフルエンザによる感染
症の提出書類はこちらから